介護保険

公的介護保険制度は、介護が必要となった人のために、市区町村が運営する社会保険制度です。
40歳になったら強制加入となり保険料を納めなければなりません。
市区町村が保険者となり、40歳以上の人全員が被保険者となります。
介護が必要と保険者から認定されると、費用の1割を支払うことで介護サービスを利用することができます。(現金支給ではありません)

年金支給額の推移

また、要介護者・介護者の収入が無くなること、大幅に減少することが考えられます。
しかし、介護保険はサービス支給となっており、現金で受け取れないため、生活費に使うなどはできません。
そこで・・・

自己負担額

公的介護保険によって介護サービスを受ける場合でも、約30,000円~40,000円の自己負担額があります
団体信用介護保障保険の付いているマンションを持っていれば家賃で賄えます

maincolumntop