相続税対策

残されたご家族様に余計な苦労を負わせないためにも、相続税額はあらかじめ圧縮しておきたいものです。
遺産を評価する場合、現金や有価証券は額面通りとなりますが、賃貸用マンションの場合は課税対象を割り引いて評価してもらえます。
建物部分(固定資産評価額)の50%、土地部分は公示価格(路線価)の80%程度で評価されます。
さらにこれを賃貸に回すので、さらに60~70%程度に低くなり、最終的に現金と比較した場合50~70%相当の資産評価となります。

相続税対策

また、相続税の増税も検討されており、基礎控除額の減少(5,000万円+1,000万円×法定相続人⇒3,000万円+600万円×法定相続人)や、税率の引き上げにより、課税対象者が約2倍に、税額も増える可能性があります。
他の資産を、賃貸用マンションにすることで、相続税の対策になります。

maincolumntop